topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ママ、生まれる前から大好きだよ!” - 2011.04.17 Sun

book_cup04.gif今日はおすすめの本の紹介です。

ゆっくり本を読む時間もなく日々過ごしていたけど、
2人目の妊娠がわかって友達の奥さんが貸してくれた本でした。

ママの人。
お腹に赤ちゃんがいる人。
いつかママになりたぃなぁって思っている人。

きっと沢山の人が、優しい気持ちになると思います






『ママ、生まれる前から大好きだよ!』
~胎内記憶といのちの不思議~
池川クリニック院長  池川 明

989dd0920ea0a6257e880210_L__SX120_.jpg



*内容*

 『胎内記憶』とは文字通り、「胎児のときの記憶」のこと。
生まれた後も胎児だったときのことを語る子供たちがいるため
その存在が知られてきた。
 院長のアンケートでは、じつに3人に1人が胎内記憶があるという結果。
“この世で親子になることは、生まれる前からの約束”
ほか全7章からなる、いのちの不思議を教えてくれる物語を紹介している。



*印象的な物語(抜粋)*

・生まれる前の世界のこと。
『向こうの国には子供たちがいっぽいいて、上からあのママがいいとか、かわいい、やさしいとか言って、みんなでみているんだ』(2歳・男の子)

『神さまにうまれてもいいですよっていわれると、羽をつけてもらって、空をとんでいくの。すると扉がある。まわりは透明の壁になっていて、そこは通り抜けられないので扉を開けて行く。それからお母さんをさがしてお腹の中に入るの。天使がついてきてくれるから、一緒にお腹の中に入ったら、羽をとってもらうの』(12歳・女の子)


・病気になることも自分で決めた。
『子供たちは雲の上で、ずっと列みたいに並んでいる。遊んではいないけれど普通に歩いていたりする。病気の子で生まれるか、元気な子で生まれるかっていうのを、絶対にきめなくちゃ生まれられないから。元気で生まれるか病気で生まれるかを決めるのは自分。自分でお母さんを決めて元気な子で生まれるって決めたら元気な子に生まれるし、病気で生まれるって決めたら病気で生まれる。神さまは雲の上の、また上の教会にいて元気に生まれるか生まれないかを子供たちに聞いたり、生まれたあとの人(=死んで雲の上に戻ってきた人)には良いことをしたか悪いことをしたか聞いたりする。』(6歳・男の子)


こういった話は科学的には証明されていないそうです。
でも多くの子どもたちが同じような事を語っているのを知ると
『神さま』の存在や雲の上の私たちを見守る見えない世界があるということを
信じてみたくなりました。


lambie03.gif


今回の震災である女の子が両親を亡くしていました。
両親は娘の安否を確認したあと、一度自宅に荷物を取りに戻った時に
津波に襲われ亡くなりました。
母親のお腹の中にはもうすぐ産まれる赤ちゃんがいたそうです。
私は涙がとまりませんでした。
きっとお腹の赤ちゃんは雲の上からこうなる状況をわかって
お母さんのところに来てくれたのではないでしょうか。
少しの間でもお母さんや家族に小さな幸せを届けてくれた。
私はそう信じたいと思います。

私は一度流産を経験しており、無事にこの世に生まれてくる事が
決して当たり前のことではないと知っています。
同じようにつらい経験をされた方ならみんなそう思うはずです。

生きて生まれてくる赤ちゃんは、子育てのプロセスの中で
様々なことをお母さんに伝えてくれる。
亡くなって生まれる赤ちゃんは、そのいのちの重みをかけて
お母さんになにか伝えようとしている、と院長はこの本で言います。


最後にあるお母さんが書いた素敵な詩を紹介します。




ありがとうが いっぱい


生まれてくれて ありがとう
わたしを お母さんにしてくれて ありがとう

あなたの 小さなぬくもりで
生きていることは あたたかいことだと
教えてくれて ありがとう

いちにち いのちのときを 恵まれることが
奇跡のように 尊いことだと
いちにちが こんなに長く そして短く 愛おしいものだと 
教えてくれて ありがとう

勇敢な子どもたち
苦い薬をのんでくれて ありがとう
痛い検査をしてくれて ありがとう
あなたのからだの その傷跡 勇気のしるしの その傷跡
それは たくさんの人たちが 小さないのちを守るために 
全力を尽くした あかし

命はしなやかで たくましいのだと
あなたは 身をもって教えてくれた

この世のいたみに きづかせてくれて ありがとう
そして そのいたみを みんなとわかち合うことを
教えてくれて ありがとう

優しい心や 親切なおこないが たくさんあること
私たちが 大きな何かに 守られて生きていることを
教えてくれて ありがとう

笑ってくれて ありがとう
喜びは どの瞬間にもあると
ほほえみで語ってくれて ありがとう

この世にいてくれて 今日もまた このいちにちを
わたしのそばですごしてくれて どうもありがとう

病を卒業する 子どもたち
この世にとどまることを 選んでくれて ありがとう
癒しという この不思議なちからを 見せてくれてありがとう
夜が明けるとき 光がどれほど輝かしいものか 
教えてくれて ありがとう

病とともに育つ 子どもたち
ありのままを受け入れることを 教えてくれて ありがとう
神ならぬ人間として生きることの すばらしさを
教えてくれて ありがとう
まるごとのあなたを 抱きとめることのよろこびを
今日もわかち合ってくれて どうもありがとう

そして 逝ってしまった子どもたち
地上に降りたって ひと息つく間もなく 飛び立っていった
あわてんぼうの 子どもたち
あなたを愛する人たちの心の
最もやわらかい部分を 一緒にもっていってしまった
あわてんぼうの 子どもたち

この世界に あなたの光を届けてくれて ありがとう
あなたの光を届けてくれた あなたのちいさなからだ
おつかれさま 本当にありがとう
たくさんの愛と 思い出を ありがとう
それは ずっと未来につながる記憶

あなたを抱いた腕は 
あなたのぬくもりを 決して忘れない
この大地も この風も
あなたの足跡を あなたの息を 決して忘れない

この世にきてくれて ありがとう
そして あなたは姿を変えて わたしたちと一緒にいる
いつまでも いつまでも 私たちの心の中に
 
どうもありがとう




candle02.gif
最後まで読んで頂いてありがとうござぃました



● COMMENT ●

No title

とても素敵なお話ですね。
私も胎内記憶のことは興味があり、トゥーゴが2歳くらいになったら聞いてみたいなと思っています☆

無事に生まれてきてくれることもそうでないことも、きっと全て意味のあることなんでしょうね。
兄嫁も最初の妊娠で流産を経験しており、その後第一子をもうけた時に「あの時流産していなかったらこの子と出会えていなかったんだよね」と言っていて、本当にそうだなぁと思いました。

ただその一方で、虐待で親から痛みや辛さ、飢えといった苦しみばかり与えられて亡くなった子は『なんのために』と悲しくて仕方ありません。
全ての子が幸せに生きられたらと願わずにはいられません。
私達は選ばれた親として頑張らないとですね!

絵文字:v-131] 本当に色々な事にすべて意味があるんだなぁ~

って考えさせられましたv-134

今ある状況も.......。

はぁ~わぁ~v-47(叫び)
ビンチュケに逢いたいぃ~v-260

明日からまた北海道に疎開しますv-29
なので今日はほったらかしだった
庭の雑草と朝から戦ってます。

陸ママさん手伝いに来てくださぃv-116v-78

素敵な本を紹介して下さって、ありがとうございます。
いっくんが、私を選んで生まれてきてくれたのなら、本当に嬉しいです。
そして、もっと良い親にならなくちゃ!と思いました。
色んな話ができるようになったら、いっくんにもぜひ聞いてみようと思います♪

病気も自分で選んで・・・なんて、本当に切ないですね。震災のことも・・・。
このささやかな日常が、どれほどかけがえのないものなのか、改めて感謝して大切にしていきたいです。

Re: No title

> ちゃなさん。
本当にそう思います。
苦しみだけを与えられた子ども達がほんの一瞬でも幸せな時があったと信じたいです。
震災の後にこの本を読み返したら
今ある、決して贅沢ではないけど幸せなこの生活を
大切にしたぃと改めて感じました*^-^*

それにしてもさすがちゃなさん。
胎内記憶のことはご存知でしたね~♪
私は全然知らなくてなんとも不思議な気分になったのを覚えています。
いつか私も陸やお腹の赤ちゃんに聞いてみようと思います☆

Re: タイトルなし

> ゆちっ子さん。
行けることなら今すぐにでも行きたいよぉ~!!
もっと家が近かったら・・・といつも思います。

ビンちゅけもルピーも
きっとゆっちゃんが明るくて優しそうで楽しそうだなぁって感じて
お家に来たのかもね♪

こっちに戻る頃にはもう里帰りしてるかもしれないけど
また遊びにきてね~♪お家でBBQだぁ~e-266

Re: タイトルなし

> いっくんママさん。
そうですね。
私も震災後、この本を読み返して改めて感じたことがたくさんありました。
いっくんの笑顔を見てるとすごく幸せになるし
だからきっといっくんは雲の上からいっくんママさんと決めていたと思いますょ♪
最初読んだ時はすごく不思議な気分だったんですけど
こんなに素敵な物語が存在するって知って
母親になれたことにすごく幸せに感じました*^-^*

私もいつか陸に聞いてみます♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaimoon8110.blog74.fc2.com/tb.php/39-b98f9dd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

陸の靴。 «  | BLOG TOP |  » 最近の陸は・・・

ようこそ♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

chai

Author:chai
2009年10月23日
長男・陸(りく)を出産。

2011年8月29日
次男・渓(けい)を出産。

2児の母となり、育児に追われる毎日の中で
たくさんの幸せを感じています。
今は家族が一番の宝物。
毎日がとても充実しています♪

そんな親ばかブログですが・・・
気軽にコメント下さぃ♪

Birthday♪

script*KT*
script*KT*

記念日

最新記事

コメントありがとう♪

カテゴリ

陸の成長 (32)
渓の成長 (12)
子供たちのこと (25)
家族のこと (16)
離乳食 (5)
予防接種 (11)
妊娠 (11)
お祝い・その他行事 (8)
キャンプ・アウトドア (6)
幼稚園 (7)
ハンドメイド (1)
未分類 (3)

月別アーカイブ

最新トラックバック

ランキングに参加しています♪

育児ブログ・ランキング

お気に入り♪

このブログをリンクに追加する

困った時の・・・♪

クックパッド

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。